Windows Server 2022 ブラウザ事情 IEは?Edgeは?

Windows Server
スポンサーリンク

2022年にリリースされたWindows Server 2022ですが、そういえばIE(Internet Explorer)の扱いはどうなっているのだろう、時期的にもう搭載されていないのだろうか?と気になった方向けに。Windows Server 2022では、IE・Edgeの両方が標準でインストールされています。

2022でもIEは標準搭載

以前のWindows Server 2019以下と同様に、2022でもIEは標準でインストールされています。

下はバージョン情報を確認した画面です。OSの情報は新しくなっていますが、IE自体はこれまでのものと違いはなさそうです。

Edgeも標準搭載

前のバージョンのWindows Server 2019ではEdgeは非搭載でしたが、2022では標準でインストールされています。そして既定のブラウザーもEdgeになっています。

下の画面は、「IEモード」の設定画面。Windows 10などと同様に「IEモード」も使えるようです。

IEのサポート期限は?

Windows 10(半期チャネル)の場合、2022年6月15日にIEのサポートが終了する予定です(アプリも起動しなくなるとのこと)。しかしWindows Server 2022の場合、OSサポート期限までIEのサポートが継続されます。つまり2031年10月14日まで継続使用可能ということになります。(あくまで2021年9月時点の情報であり、今後変更されるかもしれませんが)

これについては、以下のMicrosoft Webページに記載されています。

2022年6月以降のIEサポートについては、Windows Server 2019以下や、Windows 10 LTSCなども同様で、それぞれのOSサポート期限まで継続されます。(とはいえ、世の中として2022年6月でIE終了の流れになりそうにも思いますが)

おわりに

今回の記事は以上です。ご質問やご意見等ありましたら、下のコメント欄やtwitterからお願いします。

Windows Server の知識をさらに深めるには、書籍もおすすめです。Windows Server は実は機能が豊富で、Webに情報がないケースも多いです。無駄に探し回らないために、良書を手元に置いておくと効率的です。おすすめの本は、以下記事にまとめています。

もとだて
もとだて

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました