Windows 11搭載PCの買い替えに「待った!」真のタイミングとは

WindowsクライアントOS
スポンサーリンク

Windows 11がリリースされたことで、PCを買い替える必要があるのか、判断に困っている方はいるのではないでしょうか。あるいは、実際にPCの買い替えを考えている方もいるかと思います。

しかし、多くの場合は、Windows 11のためにわざわざ買い替える必要はありません

私はITインフラエンジニアとして、コンピューターの選定や提案する仕事に10年以上携わっています。自身でも幾度とPCを買い替えてきましたので、その経験を踏まえて詳しく解説していきます。

もとだて
もとだて

この記事を読んでくれた方が、(販売側に流されることなく)冷静かつ適切に

買い替えを判断していただければ・・・と思っています。

無理に買い替えなくていいかも

2021年10月にWindows 11が正式リリースされました。現在Windows 10搭載のPCを使っている人の中には、次のように考えている方もいるのではないでしょうか。

これを機会に、Windows 11搭載のPCに買い替えようかな

しかし、水を差すようですが、多くの場合、わざわざ買い替えなくてもいいと思います。その理由は次の通りです(個人的な見解です)。

Windows 11のための買い替えに待った!の理由
  • そもそもWindows 11にしても、そんなに変わらない
  • 今使っているPCを、Windows 11にアップグレード(無償)できる可能性が高い
  • 仮にアップグレードできなくても、Windows 10であれば2025年10月頃までサポートされる見込みであり、しばらく使い続ける分には困らない

「Windows 11にしてもそんなに変わらない」について、こういう疑問もあると思います。

でもWindows 10 から 11になったんだから、相当変わっているんでしょ?

確かに、Windows 11は画面デザインが一新されているので、そう感じるかもしれません。

Windows 11のデスクトップ画面

しかし、それ以外はいくつか新機能が追加された程度で、根幹はWindows 10とほとんど変わっていません。このあたりは個人的な感想になりますが、詳しくは別の記事にまとめています。

このWindows 11の「微妙な変わらなさ具合」を裏付ける、興味深い記事を紹介します。
※少々専門的な内容なので、ピンとこない場合はスルーしても大丈夫です

記事によると、そもそも Windows 11は、Windows 10の大型アップデートとして開発されたそうです。それがWindows 11という名前になった最大の理由は、セキュリティ強化のために「動作要件」を大幅に引き上げたことにあるのではないか、と指摘しています。

もとだて
もとだて

動作要件を引き上げると、動かないPCも出てきます。

アップデートでこれをやるとユーザーの不満が高まってしまうので

ナンバリングを「11」にしたという説ですね。

あくまで上記記事の推測ですが。

なお、動作要件を引き上げたといっても、数年程度前に発売されたPCであれば、多くはWindows 11へのアップグレードが可能と見込まれます。

アップグレードの可否は、基本的にWindowsが自動的にチェックしてくれて、可能なら「アップグレードしませんか?」と通知してくるはずです。

ただし古いPCを使い続けるのも…

しかし、今使っているPCに不都合があるなら話は別です。

例えば、もし10年以上前のPCを使い続けていて、動作が遅かったり、調子が悪くなることが多いのであれば、新調しても良いと思います。

無理に使い続けても、次のようなデメリットがあるからです。

古いPCを使い続けるデメリット
  • 大事なときに突然使えなくなる可能性が高くなる
  • いざ壊れてからでは、データや設定が消えてしまう
  • 調子が悪くなるたびに、作業が中断させられる
  • 動作が遅く時間が無駄になる
もとだて
もとだて

古いPCを無理に使い続けることで、お金を節約できても

大事な時間や機会の損失になってしまうということですね。

本当の買い替え時を見極めよう

Windows 11のリリースに乗じて買い替えるのではなく、古いPCで不都合を感じているなら買い替えのタイミングかもしれません。前述のデメリットを解消して、時間や機会を失わず、快適に作業できるのですから。

HDDからSSDに替えると

特に、今使っているPCがHDD(ハードディスク)搭載タイプの場合は、SSD搭載タイプへの切替を検討しても良いかもしれません。

現在主流のSSD搭載タイプに替えると、もう戻れなくなるほど動作速度が向上します。それに一般的に故障確率も減ります(物理的に稼働する部品がないため)。

もとだて
もとだて

私の場合、SSD搭載のPCに慣れてから、HDD搭載の古いPCを使ったとき

「こんなに遅かったっけ!?」と衝撃を受けるほど速度差がありました。

余談ながら、新しいPCを探すときは、メーカーのキャンペーンを利用するとお得です。

例えば、Dellのオンラインストアでは、こまめにキャンペーンをやっています。下の画面は、新春セールとして20~25%OFFになっています。

DellオンラインストアのWebページ画面。20%OFFなどの表記あり。

もともと安めな価格から、さらに1万円以上OFFになるセールも多いです。ただし、セール対象品・内容もこまめに変わります。ですので、今すぐ買わないとしてもこまめに覗いておくのがおすすめです。

オンラインストアの例

Dell 今週のおすすめモデル

【個人向け】 Special Weekly Deals

HP 公式オンラインストア

「個人のお客様トップページ」にリンクします

私の場合ですが、過去に家族の分を含めて5台近くのPCをDellオンラインストアから買っています。

毎回他のメーカーと比較していますが、そのコスパの高さから、いつもDellのセール品に落ち着きます。買ったPCはどれも6年以上は壊れずに現役で活躍しましたので、信頼性も高いと感じています。

まとめ

Windows 11の正式リリースに伴うPCの買い替えについて、次のような意見を紹介しました。

  • Windows 11のための買い替えは、多くの場合不要
  • ただしPCが古くて不都合がでているなら、買い替えのタイミング
  • 買い替えの際はメーカーのオンラインストアのセール情報をチェックしておくとお得
もとだて
もとだて

Windowsのナンバリングにとらわれすぎず、

ツールとしてのPCを賢く買い替えたいですね。

参考記事

フィードバック

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました