IPアドレス設定画面(ネットワーク接続)を素早く開く

Windows全般
スポンサーリンク

小ネタです。WindowsでIPアドレスなどの設定するために、「ネットワーク接続」画面を良く開きますが、その画面にたどり着くのがちょっと長い。これを素早く開く方法を紹介します。SEや情シスの方は覚えておくと便利かもしれません。

素早く開く方法

[Win] +[R] を押して、「ファイル名を指定して実行」を開きます。下のように「ncpa.cpl」を入力して「OK」ボタンを押します。

すると、「ネットワーク接続」画面が開きます。該当のネットワークアダプタを右クリックして「プロパティ」を選択することでIPアドレスなどの設定画面が開けます。

通常だと、まず「設定」を開き、そこから「ネットワークとインターネット」>「アダプターのオプションを変更する」といった画面遷移が必要です。上の手順を覚えてしまえば、素早く開くことができますね。

同じ環境で何度も開くなら

同じコンピューター上で、この画面を開く機会が多い場合は、ショートカットを作っておくと良さそうです。下の赤枠部分をデスクトップなどにドラッグすると、この画面のショートカットを作れます

あるいは、よく使うネットワークアダプタのアイコンのショートカットを作っておくと、ダブルクリックして開き「プロパティ」を選ぶだけで、IPアドレスなどの設定画面を素早く開けます。

余談

「ncpa.cpl」って若干覚えづらい気がしますが、何の略なのでしょうね。.cpl はControl Panelなのでしょうけど、ncpaについては諸説あります。検索エンジンで調べてみると「Network Conection Properties Administration」とか「Network Control Panel Applet」などの説がでてきます。

私は「えぬしーぱ どっと しーぴーえる」と覚えています。何の役にも立ちませんね(笑)

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました