使ってますか?イベントビューアーで「注目すべきログ」のみに絞る

Windows全般
スポンサーリンク

小ネタです。Windowsのトラブル調査時などによく使うイベントビューアーには、「管理イベント」という項目があるのをご存じでしょうか。これを開くと、注目すべきログを抽出して表示されるので、素早く異常を確認する場合に便利です。

「管理イベント」で異常系のログを抽出

イベントビューアーを開き、ツリーの[カスタムビュー]>[管理イベント]を選択すると、警告以上のすべてのログが一覧表示されます。

イベントログは区分(「Application」や「システム」など)ごとに分かれて記録されており、また「情報」「警告」「エラー」「重大」といったすべてのレベルのログが混在しています。このうちレベルが「情報」のものは、無視するケースが多くあります。

上の「管理イベント」はすべての区分から「情報」を除いたログが抽出されて表示されるので、トラブル調査の際や、ざっと正常性を確認する場合には便利です。

Windows Vista/Windows Server 2008だったか、あるバージョンからひっそりと追加された機能なので、存在に気付いていない方も結構いるのではないでしょうか。

ただし、絞ることで弊害も…

「管理イベント」では「情報」レベルのログが表示されません。次のようなログが記録されているケースでは、正常に戻ったイベントを見落としがちです。

  • ①異常を示すイベント(「警告」レベル)
  • ②(リトライされるなどして)正常に戻ったことを示すイベント(「情報」レベル)

上のケースは①のみが表示され、②は表示されません。なので、今もなお異常が継続していると誤解しがちです。「管理イベント」だけを見るのではなく、本来の区分(「Application」や「システム」など)のほうのログから、「情報」レベルを含めて時系列に確認する必要があります。

「管理イベント」はあくまで異常の有無のみを確認するのにとどめ、ログの全容は本来のログから確認するようにすると良いでしょう。

フィードバック

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました