イベントビューアーで別のコンピューターに接続できないときは

Windows全般
スポンサーリンク

Windowsのイベントビューアーは、別のコンピューターのイベントをネットワーク経由で参照することができます。この際、ファイアウォールの設定をしておかないと、うまくリモートで参照することができません。

エラーの状況と内容

イベントビューアーで「別コンピューターへ接続」を選び、別コンピューターに接続しようとしたのですが・・・

下図のエラーが出ました。メッセージは比較的親切で、ファイアウォールをいじれってことまでは伝わります。でも具体的にどうすれば?

(エラーメッセージの内容)

コンピューター ‘〇〇〇〇〇〇’ を接続できません。ネットワーク パスが正しいこと、コンピューターがネットワーク上で使用できること、および対象のコンピューターで適切な Windows ファイアウォールの規則が有効になっていることを確認してください。

リモート コンピューターで適切な Windows ファイアウォールの規則を有効にするには、セキュリティが強化された Windows ファイアウォール スナップインを開き、次の受信規則を有効にしてください:

COM+ ネットワーク アクセス (DCOM-受信)
リモート イベント ログ管理グループのすべての規則

これらの規則は、セキュリティが強化された Windows ファイアウォールのグループ ポリシー設定を使用して有効にすることもできます。Server Core インストール オプションを実行しているサーバーでは、Netsh AdvFirewall コマンドまたは Windows PowerShell NetSecurity モジュールを実行してください。

対処法

イベントログ参照先(参照される側)で、ファイアウォールの例外設定をします。[セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール] を開き、下図の画面で「リモート イベントのログ管理(RPC)」を右クリックし、「規則の有効化」をクリックすればOKです。

詳しい操作方法は、別記事で解説していますので、そちらを参照ください。

ちなみに、エラーメッセージには「COM+ ネットワーク アクセス」など、他にも受信規則を有効にせよと書いていますが、特に設定しなくても大丈夫なようです。

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました