ファイアウォール設定を変えたら、リモートデスクトップ接続が失敗する

Windows全般
スポンサーリンク

「リモートデスクトップ接続がうまくいかない」というトラブルの原因は様々考えられますが、今回は「ファイアウォールの設定を下手に変えてしまった」というケースの対処方法を紹介します。

エラーケース

Windows Defender ファイアウォールの設定を変にいじったせいで、リモートデスクトップ接続ができなくなった。接続しようとすると、下のエラーになり失敗する。設定を戻せば直ると思うが、戻し方が分からない。

リモート デスクトップはリモート コンピューターに接続できません。次のいずれかが原因です。

1) サーバーへのリモート アクセスが有効になっていない
2) リモート コンピューターの電源が入っていない
3) リモート コンピューターがネットワークで使用できない

リモート コンピューターの電源が入っていること、ネットワークに接続されていること、リモート アクセスが有効になっていることを確認してください。

接続のコンピューターでは、下のWindows Defender ファイアウォール設定画面をいじってしまった。元々どうなっていたか分からないので、どう直せばいいのやら・・・

対処方法

リモートデスクトップのファイアウォール設定は、リモートデスクトップ接続の許可設定をし直すと再設定されます

手順としては、まず接続のコンピューターでシステムのプロパティを開きます。下のように[リモート]タブで一旦「このコンピューターへのリモート接続を許可しない」を選択し、「適用」ボタンを押します。

次に、下のように「このコンピューターへのリモート接続を許可する」を選択し、「適用」ボタンを押します。

すると下のダイアログが表示されます。ファイアウォールの設定をしました、という内容ですので「OK」ボタンを押します。

これでリモートデスクトップ接続ができるようになります(他に問題がなければですが)。

補足

ちなみに、ファイアウォールの設定(受信規則の例外設定)は、下の赤枠の部分が変更されるようです。この部分を右クリックし「規則の有効化」から個別に設定してもOKですが、上の手順の方が簡単です。

安易に「WindowsファイアウォールをOFFにしよう」という判断をするのではなく、必要な通信のみを許可する(例外を有効にする)ほうが安全です。

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました