リモートデスクトップで Ctrl+Alt+Del を送信する方法

Windows全般
スポンサーリンク

Windowsのリモートデスクトップ接続先に対して Ctrl+Alt+Del キーを送信するには、Ctrl+Alt+End キーを押します。

普通に Ctrl+Alt+Del を押すと、自端末に効いてしまう

Windowsにリモートデスクトップ接続しているとき、例えば接続先のコンピューターがハングアップ気味(エクスプローラーの操作が固まる)の場合、Ctrl+Alt+Delから再起動したり「タスクマネージャー」を起動したりしたくなります。

しかし普通に Ctrl+Alt+Del キーを押すと、接続先でなく接続元(自端末)に効きます。「そっちじゃないんだ、あっちに送ってよ」ってなります。

操作方法

リモートデスクトップ接続先に対して Ctrl+Alt+Del キーを送信するには、代わりにCtrl+Alt+End キーを押します。これにより、接続先で Ctrl+Alt+Del のメニューが表示されます。

この画面が表示されれば、エクスプローラーが固まっていても、再起動させたり、タスクマネージャーでエクスプローラーのプロセスを再起動させることができるでしょう。

補足:別のリモート接続ツールの場合

例えば「VNC」などのリモート接続ツールの場合は、Ctrl+Alt+Del キーを送信する方法が異なります。別のショートカットキーが割り当てられている場合もありますが、たいていは接続画面のメニューに「Ctrl+Alt+Delを送信」というようなメニューがあります。これを選択すれば、目的の操作は可能なはずです。

フィードバック

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました