Windows ServerのISOファイルはどこからダウンロードするの?

Windows Server
スポンサーリンク

Windows Server OSインストール媒体(ISOファイル)をお探しの場合、まず「製品版」と「評価版」があることを把握しておく必要があります。製品版のインストール媒体は、基本的に購入元から入手可能で、誰でもダウンロードできるものではありません。いっぽう評価版は誰でもダウンロード可能です。そして、評価版でインストールしてから製品版に切り替えることが可能です。以下、詳しく説明していきます。

製品版のインストール媒体は購入元から入手

Windows Server の製品版のインストール媒体(ISOファイル)は、購入元のサイトなどから入手する必要があります。Windows 11/10(Windows クライアントOS)であれば、誰でも製品版のISOファイルをダウンロードできるようになっていますが、Windows Serverはそうではありません

Windows Serverの購入形態も複数あります。例えば、Microsoft OpenValueライセンスを購入した場合は、専用のサイト(VLSC)にログインして、ダウンロードします。

サーバーハードウェアと一緒に、OEMライセンスを購入した場合は、ハードウェアメーカーによりますが、OEM版のDVDがサーバー本体に付属するのみで、ISOファイルとしてはダウンロードできないケースもあります。

つまり、Windows Server 製品版のISOファイルは、誰でもダウンロードできる形では公開されていません

「評価版」であればMicrosoft サイトからダウンロード可能

ただし製品版ではなく「評価版」であれば、下記Microsoftのページからダウンロード可能です。

ダウンロードするには、氏名・会社名・メールアドレスなどを入力する必要がありますが、誰でも入手可能になっています。2021年12月時点では、Windows Server 2012 ~ 2022 の各バージョンがダウンロード可能です。

後述しますが、こちらでインストールした後、製品版に切り替えることも可能です。

評価版とは?

評価版は、インストール後 180日間※は機能制限なしで、無償での試用できるものです。※試用期間は延長可能との情報あり。

参考まで、Windows Server 2022の評価版をダウンロードする方法は以下記事にまとめています。

なお、試用期間終了後も使い続けるには、製品版への切替が必要です。製品版へ切替をしないと、自動的にシャットダウンがかかるなど、現実的には運用できないようになっています。

評価版でインストール後、製品版への切替も可能

評価版のWindows Server をインストールした後に、製品版に切り替える方法もあります。詳しい方法は、下記 Microsoftのページを参照して下さい。

ただし留意点として、専用のコマンドを実行する手間がありますし、構成によっては切替できないケースもあります(Active Directory ドメインコントローラーとして構築した場合は切替不可)。最初から製品版としてインストールできるなら、それに越したことはありません

私が実務で評価版から製品版に切替したケースを紹介します。「製品版のライセンスを発注したが、納品までに数週間かかる。しかし、すぐに構築開始しないと間に合わない」という状況で、この方法を使いました。

つまり製品版インストール媒体の納品を待つ間に、評価版のISOファイルでWindows Serverをインストールし構築作業を進めます。その後、納品されたライセンスキーを使って、製品版に切り替えたのです。このとき、切替は問題なく済み、予定通り構築は終わりました。とはいえ、万一うまく切り替えられなかったら手痛い手戻りになっていたので、ヒヤヒヤしました。

補足

物理サーバーにWindows Serverをインストールする場合は、ハードウェアメーカー(富士通、NEC、HPEなど)が提供するドライバや管理ソフトウェアもインストールする必要があります。Microsoftが提供するインストール媒体には、これらが含まれないため、注意が必要です。

そのため物理サーバーでは、付属のOSインストール用ツール(富士通の場合 ServerView Suite DVDなど)を使用してインストールするのが基本です。

一方、サーバー仮想化環境(vSphere、Hyper-Vなど)に仮想マシンとしてインストールする場合は、上記のソフトウェアは不要です。こういう点でも、仮想化は手間が少なくて良いですね。

フィードバック

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました