Windowsをシャットダウン/再起動するコマンド

Windows全般
スポンサーリンク

Windowsで今すぐシャットダウンするコマンドは「shutdown -s -t 0」です。同様に今すぐ再起動するコマンドは「shutdown -r -t 0」です。詳しくは記事内で解説していきます。

コマンド

今すぐシャットダウンする
shutdown -s -t 0

今すぐ再起動する
shutdown -r -t 0

解説

コマンドパラメータの意味は次の通りです。

  • -s
    • シャットダウンする
  • -r
    • 再起動する
  • -t 0
    • 0秒後にシャットダウン/再起動する
    • 例えば「-t 60」とすると、60秒待つ

例えば「shutdown -r -t 60」を実行した場合、下の画面になります。「閉じる」を押すと元の画面に戻りますが、キャンセルされるわけではなく、指定時間が経過すると再起動されます。

補足

「管理者として実行」を忘れずに

このコマンドを実行する際、コマンドプロンプトは「管理者として実行」しておく必要があります。そうでないと「アクセスが拒否されました。(5)」というエラーで失敗します。

シャットダウン権限も必要

Windows Serverの場合、シャットダウン権限が無いユーザー(Usersグループのみのユーザー)で実行すると、こちらも「アクセスが拒否されました」というエラーで失敗します。Administratorsグループのユーザーで実行すると良いでしょう。

フィードバック

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました