Windows ServerのWindows Updateを無効化(2022/2019/2016)

Windows Server
スポンサーリンク

Windows Server 2022/2019/2016で、Windows Updateによる自動更新を無効化するには、ローカルグループポリシーエディターで[コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [Windows コンポーネント]> [Windows Update]から「自動更新を構成する」を無効にします。記事内で詳しく解説していきます。

無効化の方法

まずは、[Win]+[R]ショートカットから「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示させて、下のように「gpedit.msc」と入力します。

ローカルグループポリシーエディターが起動します。下のように、ツリーを[コンピューターの構成]> [管理用テンプレート]> [Windows コンポーネント]> [Windows Update]と辿ります。 次に右側から「自動更新を構成する」という項目をダブルクリックします。

開いた画面では、下のように「無効」を選択して「OK」ボタンを押します。

元の画面で、下のように該当項目が「無効」になっていれば設定完了です。これで、自動的にWindows Updateがかからなくなります。

手動では更新できる

上記の設定では、あくまで「自動的な」Windows Updateを無効化するもので、手動では引き続き実行可能です。方法は、[設定]>[更新とセキュリティ]>[Windows Update]から下のボタンをクリックします。

ミッションクリティカルなシステムのサーバーでは特に、OSのパッチ更新のタイミングは、運用スケジュールに合わせてコントロールしたい場合が多いと思います。その場合、前述の設定で自動更新を無効化しつつ、管理者による手動更新に切り替える方法も有効です。ただ、手間はかかりますが…。

フィードバック

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました