Windows ServerにEdgeをインストールする方法

Windows Server
スポンサーリンク

Windows Server(2019以下)の標準ブラウザであるIEでは、正常に動作しないページが多くあります。Edgeを使いたい場合は、公式サイトからダウンロードしてインストールする必要があります。この記事ではその手順を紹介します。

Edgeのダウンロード

Windows ServerにEdgeをインストールするには、MicrosoftのWebページからインストーラをダウンロードする必要があります。以下のページでダウンロードできます(2021年7月時点)。理由は後述しますが、Windows 10などのPCで開いてダウンロードすることをお勧めします。

ページを開いたら、下のようにバージョンなどを選択します。「チャンネル/バージョンの選択」と「ビルドを選択」は、最新の安定版を選べばよいでしょう。「プラットフォームを選択」は、Windows Serverであれば「Windows 64-bit」になると思います。

それらを選択したら「ダウンロード」ボタンでダウンロードできます。オフラインインストーラーらしく、サイズは約100MB程度でした。

(参考) Windows Serverからダウンロードするには

上記のダウンロードページは、Windows ServerのIEの場合「IE セキュリティ強化の構成」によってダウンロードできません。別のPCなどからダウンロードするのが簡単ですが、どうしてもサーバーでダウンロードする場合は、以下の記事を参考にしてダウンロードして下さい。

インストール

上の手順でダウンロードしたインストーラー「MicrosoftEdgeEnterpriseX64.msi」(2021年7月時点)を、対象のサーバー機にコピーして実行すればOKです。オフラインインストーラーなのでインターネットに接続できなくてもインストールできます。

msiファイルを実行すると、上の画面でしばらく処理が走った後、サイレントインストーラーのごとく何の通知もなく完了します。これでEdgeが使えるようになります。

だって、まともなブラウザが無いし…

Windows Server 2019以下では、標準のブラウザがInternet Explorer (IE)しかありません(2021年7月時点)。「サーバー機なのだからブラウザは使わないだろう」という意見もあるかもしれませんが、結構使うシーンがあります。特に、物理サーバーを管理する際に、サーバーハードウェアを管理する専用ツールだったり、データベースを管理するツールだったり。

IEが終息予定ということもあり、今やIEでは動かないページも多いです。それなのに標準でIEしか入っていない…。ChromeやFirefoxでもいいですが、OSとの親和性が高そうなMicrosoft Edgeを入れたくなります。Windows Server 2022ではEdgeが標準搭載ですし。

もちろん、特に本番サーバーは極力そんなことをせずに、別の管理用PCから操作するのがベストでしょう。でも予算とかサーバー・ネットワーク構成の都合で、サーバー機のブラウザ操作が必要になるケースもあります。

ところで「ビジネス向けMicrosoft Edge」って?

上で紹介したダウンロードページは「ビジネス向け Microsoft Edge」。これとは別に「個人向け」のダウンロードページもあります。ここでもWindows Server用のインストーラーをダウンロードすることができます。

「個人向け」と「ビジネス向け」の違いですが、インストールされる中身は同じとのことです。違うのはインストーラーの形態で、次のような違いがあるようです。

  • ビジネス向け
    • msiパッケージで提供(Active Directory 環境などで、自動配布が容易)
    • 任意のバージョン・ビルドをインストール可能
      (任意のバージョンのインストーラーをダウンロード可能)
    • オフラインインストールが可能
  • 個人向け
    • exeファイルで提供される
    • 最新のバージョン・ビルドのみインストール可能
    • オフラインインストールはおそらく不可(インターネット接続が前提)

(参考:Microsoft フォーラムページ

(余談)両方インストールすると?

私も最初は上記の違いが分からず、試しに両方インストールしてみました。

個人向けをインストールした状態でビジネス向けをインストールしてみても、エラーなどは表示されないものの、インストールされたEdgeは1つだけ(当然ですけど)でした。Edge自体はどちらも違いはありませんでした。

おわりに

今回の記事は以上です。ご質問やご意見等ありましたら、下のコメント欄やtwitterからお願いします。

最後に少しだけ宣伝をさせて下さい。IT製品の比較サイト「ITトレンド」では現在、IT製品のレビューを投稿することでAmazonギフト券1,000円分が貰えるサービスを行っています。金額はIT製品ごとに異なりますが、1,000円が多いようです。また、抽選ではなくレビューごとに必ず貰えます。

レビュー投稿は1製品あたり5分程度で、氏名や会社名などの入力が必要ですが、レビューは匿名で公開することが可能です。レビュー対象製品は多く、「Microsoft 365」や「ウイルスバスター」、「SKYSEA」など、あなたがお使いの製品もあると思います。

数分の労力でギフト券が貰えますし、企業にとっても製品改善に役立つ情報が得られますので、Win-Winの企画だと思います。終了時期は不明ですが、今のうちに投稿してみてはいかがでしょうか。

もとだて

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

フィードバック

コメント