間違って保存した共有フォルダのパスワードを削除するには?

Windows全般
スポンサーリンク

Windowsで「資格情報を記憶する」を指定して保存したユーザー名とパスワードは、「資格情報」として資格情報マネージャーに保存されます。もちろん不要な資格情報は削除することもできます。今回はその方法を簡単に解説します。

間違ってパスワードを保存してしまった

ユーザーとパスワードの入力が必要な共有フォルダがあります。下の画面のように「資格情報を記憶する」をオンにすると、次回から入力せずに共有フォルダを開けるので便利です。

しかし、例えば「他人のPCで、うっかり自分のパスワードを記憶させてしまった」という場合、そのままでは自分のアカウントが不正使用されてしまいます。保存したパスワードを削除するにはどうすればよいのでしょうか?

ここで消せます

コントロールパネル > ユーザーアカウント > 資格情報マネージャー を開きます(スタートメニューから「資格」などで検索すると一発で開けます)。下の画面で「Windows資格情報」をクリックすると、保存した情報が表示されます。

ここから、該当の行をクリックして詳細情報を表示させたあと、「削除」をクリックすると削除することができます(パスワードの「表示」は不可)。

留意点として「すぐには反映されず、一度サインアウトが必要」と考えておいた方が良いでしょう。資格情報を削除しても、以前保存していたパスワードで共有フォルダが開けてしまうことがあります。その場合は、OSからサインアウトしてサインインしなおすか、再起動すればOKです。

フィードバック

フィードバック

コメント

タイトルとURLをコピーしました